奉行ナビ アクタスITソリューションズ株式会社

奉行シリーズを活用した働き方改革なら
東京・赤坂のアクタス

03-3224-8890受付時間:平日10:00〜18:00

お知らせ・トピックス

オンプレミスとクラウドについて

 最近クラウドサービスを提供している企業をよく目にするようになりましたが、クラウドとオンプレミスの違いはなんでしょう。それぞれのメリット、デメリットについて解説していきたいと思います。新しくシステム導入をご検討される際にはぜひ参考にしてください。

 

・オンプレミスとは?

 「オンプレミス」は、サーバー、ネットワーク、ソフトウェアを自社設備内で完結して管理、運用をする方法です。略して「オンプレ」と言われています。全て自社内で完結させるため、初期費用がかさみやすく保守や管理に専門的な知識を備えた人材が必要になります。しかしその分だけシステム設計や運用の自由度は高く、制約なく必要な構成で利用することが可能です。

 2005年頃までは企業情報システムを社内で管理・運用する「オンプレ」が一般的でした。しかしインターネットの発達や業務効率化に伴うBPO(アウトソーシング)の一般化などにより企業情報を取り巻く技術的・社会環境は変わってきました。また専門的知識を持った人材の採用も非常に難しくなってきていて、クラウドへの移行がさらに進んでいます。

 

 

・クラウドとは?

 「クラウド」とはインターネットなどのネットワーク経由でサービスを利用するコンピューターの利用形態の一つです。ハードウェアやソフトウェア自体は所有せずにサービスとして利用するのが特長です。そのため設備調達が不要で、必要な時にサーバー増設やスペックの変更ができ、その時々にあった運用が可能となります。

 最近では勘定奉行、給与奉行などの奉行製品もクラウド化が進んでいます。その背景には以前に比べてクラウドサービスのセキュリティ対策が非常に進んでおり、企業内で保有するより安全にシステムを運用できるという認識が増えてきたからです。

 また制度改正への対応の手間を削減することも可能です。オンプレミスの場合では法改正対応へのプログラムアップデートなどをその都度、自ら対応する必要がありました。奉行クラウドサービスではプログラムの自動更新、データバックアップの自動化が実現することができ、制度改正対応に頭を悩ますこともなくなるでしょう。

 

 

・それぞれのメリット、デメリット

 

 まだ感覚としてはオンプレミスの方が多いですが、先述の理由から今後クラウドのニーズは上がっていくと思います。双方の特長を理解し、自社にあった運用をすることが重要になってきます。最近では機密情報をオンプレミス、公開情報をクラウドのようにハイブリットに運用する企業様も増えてきています。

 

 上記では主に企業側へのメリット・デメリットを記載させて頂きましたが、クラウド化を進めることで働く従業員にもメリットがあります。クラウド化によって業務を行う場所に制約がなくなり、出張先、外出先、在宅先、移動時間でも仕事ができるようになります。業務時間削減、テレワークなどの「働き方改革」を進めるうえでも重要な利点といえるでしょう。

 弊社ではお客様にあった最適なソリューションを選定させて頂いておりますので、お気軽にご相談ください。